テキスタイル♡LOVE

2010年10月13日 (水)

ラムウール&ジャガード織りで冬を楽しんで! その2

 ★店主・忍流ニットのコーディネイト術

「昨年ごろからベストや半袖のセーターを選んで着ています。
理由は、大好きな重ね着がしたいのと、動きやすいから。

1枚で着ることはめったにしないので、
セーターだと、
ゆったりサイズのものに中にシャツを着て裾を出します。

羽織りものの場合は、
ロングタイプで流れるようなラインが作れるものが好き。

わたしはいかり肩で広いので、
ぴったりするものはさけて、
肩おちするラインを選んでいます」(店主)


【ニットがかゆくて困る方】
中にタートルを着るといいと思います。
裏地にガーゼなどの布があててあるセーターもおすすめです。

ニットの帽子でおでこがかゆいときは、布をあててください。
店主は、おでこの部分に縫いつけているそうです。


【ニットのベスト/袖の短いセーター】
ぶびんがでは、
ベストと、袖の短いセーターを多く揃えています。

ベストは温度調節がしやすく、
着るだけでおしゃれに見える便利アイテム。

袖の短いセーターは、
水仕事が多い主婦の方に人気です。

また、インナーをちょっと見せるとかわいいですし、
手首を見せることによって、細く見える効果があります。


【ロングガーディガン】
毎年、コートやジャケット、ブルゾンなどのアウターよりも、
ロングカーディガンをメインに、
冬の防寒具として取り揃えています。

車を利用されるお客様が多いので、
コートを着られる方が少ないのと、
主婦のお客様からリクエストをたくさんいただいています。


★夏のイメージが強いぶびんがですが、
冬のニット類はかわいいものがずらり!

買い付けのときは、
商品に合ったプライスで、
お客様の好みに合わせられるものを選んでいます。

今年は、横に大きく、
丈が短めのものが人気!
ぜひ、重ね着を楽しんでください。


*********
*********
*********

ラムウールのニットワンピース
P1000215
薄手のワンピースと重ねたり、
ブラウスやカットソーを中に着てもいいシンプルな1枚。
Aラインなのでスッキリ見えます。


*********
*********
*********


ジャガード織りベスト
P1000212
長方形に腕を入れる穴が2個あるだけの面白いデザインなので、
羽織るとだらんとドレープが出来ます。
安全ピンやブローチでアレンジしたり、
折ってマフラーにしてもかっこいいおしゃれで便利なベスト。
着る服を選ばないのがうれしい。
無地もあります。


*********
*********
*********


半袖のラムウール
P1000211
1本のラインがデザインされたショート丈のカーディガン。

*********
*********
*********


ラムウールセーター
P1000210_2
裏地に白のガーゼ素材がついた、
ニットが苦手な方におすすめのセーターは、
暖かくて軽く、ざっくりゆったりサイズで袖が短め。
インナーの服をかわいく見せる技を楽しんで。
(写真はほんのりレースを見せています)
カジュアルに見えて上品なアイテム。


*********
*********
*********


ラムウールのボーターニットカーディガン
P1000221
ランダムなボーターなので膨張して見えません。
お腹もすっぽり隠れるうれしいサイズ。


*********
*********
*********


衿が素敵な長めのニット
P1000219
毎年人気の定番デザイン。
細いパンツやレギンス、そしてロングブーツでカッコよく!


*********
*********
*********


メランジラムウールのダッフル
P1000218
軽いのでさっと羽織ってお出掛け出来る、
ダッフルコートよりも出番が多そう。
たまには明るい色を選んでも楽しいですよね。
アウトドアな遊びをするときにコーディネイトして!


*********
*********
*********

参考になりましたでしょうか。
ニットの季節が待ち遠しいですね!

ニットなど、
新商品の情報は、こちらでチェックしてくださいね。



ぶびんが便り

ラムウール&ジャガード織りで冬を楽しんで! その1

10月も半ばだというのに、
昼間は30度近い真夏日が続いてますね。
早く秋冬のファッションを楽しみたいのに、もうもうもう。

今回は恋しい寒い季節に向けて、ぶびんがのニットを大特集!
ラムウールとジャガード織りの魅力をご紹介します。

実はわたし、はむちゃんは、
でぶちんだし、かゆがりなので、ニットが大の苦手。

そんなわたしでも、
ニットが着られるコーディネイト術を店主に聞いたので、
ぜひ、参考になさってくださいね。

まずは、ラムウールとジャガード織りの解説から!

【ラムウール】
生後5ヶ月前後までの仔羊から刈り取った羊毛。

そんなラムウールの毛糸で編んだニットは、
風合いがやわらかく、
カジュアルな雰囲気で幅広い着こなしが楽しめます。

色が豊富に揃っているメーカーさんが多いです。

【ジャガード織り】
フランス人のジャガードさんが発明した、
ジャガード織機で作った織物。

模様が浮き上がるような織り方が特徴で、
花や雪の結晶など、
メーカーさんそれぞれにオリジナルの柄や色があります。

ニット以外では、
カーペットやタオルなど、いろいろなものに使われています。

飽きがこなくて、
ほっこりあたたかい気持ちにさせてくれる織物です。

★ラムウールもジャガード織りも厚手ではないので、
秋口から春先まで着られるため、
ぶびんがでは、早くからお店に並びます。

【ニットの選び方】
ニットは選び方を失敗すると、
太って見えたり、
小柄な方だと丈が長すぎてニットに負けてしまうことも。

コツは、まずは自分の体型を知ること。

◇体型が気になる方は……
ゲージの太いもの、
首もとが詰まったデザインはさけましょう。
Vのセーターやカーディガンだとすっきり見えます。

今年はショート丈のカジュアルなセーターがよく出ていますが、
お尻を隠したい場合は、
中に丈の長いシャツやカットソーを重ね、
袖口をロールアップして手首を見せるとスッキリ見えます。

ベストはボタンを開けて着ると細く見えますが、
無理して閉めると、立体的になり、太く見えてしまいます。

タテのラインを作ることが大事です。

※店主流コーディネート術はその2でご紹介しますね!

*********
*********
*********

ジャガード織りのショートパンツ
P1000206_2
細身のラインだけど、ニットなのでスッキリ見えます。
ウエストはゴムで重ね着しやすい。
レギンスと合わせるのが今年っぽいかも!
ボトムに柄ものをチョイスするのもおしゃれ☆

*********
*********
*********

ラムウールのロングワンピース
P1000204
前後どちらを前にしてもいいニットワンピース。
写真のようにボタン部分を前にして羽織りものにしたり、
ボタン部分を後ろにして着てもかわいい。
お尻を隠したい方におすすめ。

*********
*********
*********

パッチワーク風ラムウールベスト
P1000203
ボタンをせず、前を開いてちょこんと着るだけでアクセントに。
膨張して見えるデザインや色の服に重ねると、
しまって細く見えます。

*********
*********
*********

ラムウールベスト
P1000209
前後、どちらを前に着てもOK。
ネルのチェックのシャツを着るとかわいい!
裏地にガーゼ素材がついているので、
ウールが苦手な方もトライしてみて。

*********
*********
*********

ざっくりゆったりセーター
P1000230_2
ラムウールで鮮やかな色のセーターは、
メンズサイズぐらいゆったりしているので、重ね着がしやすい。
袖が短いのが今年っぽいデザインです。
ゆったり大きく見えるデザインでも、袖が短めだと、
身体の細い部分の手首が見えて、逆にスリムに見えます。

*********
*********
*********

ラムウールのカーディガン
P1000207
シンプルなデザイン。
長さがお尻ぐらいあるので、何でも合います。

*********
*********
*********

※その2に続きます!

2010年9月 8日 (水)

あなたの「好き!」はどれですか!?

久々に刺繍ものです。

ぶびんがで、
ひとめぼれしてしまったレースや、
刺繍に出合うことがしばしばあります。

ぱっと見たときに「好き!」って感じる、
天から降りてきたようなインスピレーション。

キッチン、リビング、寝室、さらにはバッグの中など、
その「好き!」を生活の中にひとつずつ取り入れて、
どんな場所にも「好き!」がある毎日ってステキ。
ささやかだけど、意味のある大切な贅沢ですよね。

それは、以前にも書いた、
ウニヒピリ……
心の奥に住んでいる、
剥き出しの自分を大切にすることにもつながると思います。

さてさて、
最近、ぶびんがの衣服の部屋に登場したレースや刺繍たち。

あなたの「好き!」はどれでしょう!

*****
*****
*****

Sisyu1

*****
*****
*****

Sisyu2

*****
*****
*****

Sisyu3

*****
*****
*****

Sisyu4

*****
*****
*****

Sisyu5

*****
*****
*****

Sisyu6

*****
*****
*****

★画像説明★

1.バテンレースのベスト
西ドイツのバテンバーグという地名につけられたレースの名前。
名付け親は、
このレースを貴族に使われることを望んだアメリカの手芸家。
指先が奏でるレース。

2.ワンピースのおなかまわりの刺繍
デザインをじーっと見てから、
ついついさわりたくなっちゃう刺繍。
お気に入りの服は、
ハンガーにかけて、うっとりと眺めていたい……。

3.かわいい刺繍のブラウス
深く開いた胸もとに、
女ごころをくすぐるかわいいお花の刺繍。
見ているだけで、
やさしい気持ちが溢れ出す魔法を秘めています。
大人の女性ならではの魅力を引き立ててくれそう!

4.クロスステッチのスカート
この色合いにぐっときませんか?
秋冬の暗めのトーンの服がこれ1枚であざやかに。

5.スパンコールとテープをあしらったワンピース
色柄プリントにスパンコールとテープを飾りつけた、
面白いデザイン。
ゴールドのテープがプリントの雰囲気をひきしめてくれます。

6.ゴールドの刺繍がほどこされたTシャツ
刺繍をよく見て!
胸もとに描かれているのは、民族的な空気を持つ神聖な羽根。
お守りのネックレスみたいに見えます。

ぶびんが便り

2010年6月 9日 (水)

初夏にさらりと

木々の緑から朝露がひとしずくぽとり。

雨と太陽の恵みをあびて、
空に向かってぐんぐんのびる葉は、
恐れなどものともしないしなやかな力強さと、
1まい1まい濃淡のちがう個性を静かにさらけ出す。

その蒼々としたすがたに心がしんとなり、
清々しい想いで満たされる……。

そんな日に身に着けたい、
大人の愛らしいテキスタイル。

※画像はそれぞれクリックで拡大します。
1枚1枚クリックして味わいながら見るのも楽しいですよ!

Love1_7

Love2_3

Love3_3

Love4_4

Love5jpg_3

ぶびんが便り

2010年5月19日 (水)

ぐっとくる手仕事

かわいいステッチやモチーフに胸きゅん
Teshigoto1

このぬくもり、たまらないね
Teshigoto2

スパンコールのときめきは女の子にしかわからないかも!
Teshigoto3_2