ぶびんが美術館

2011年7月 8日 (金)

蓼科2日目。イングリッシュガーデンへ

さて、お待ちかねの蓼科2日目。
店主、ベンジャミン、ろくさんたちは、
英国庭園をたっぷり見に行ったそうです。

店主が撮影した画像からあふれだす植物たちのエネルギー、
うっそうとしげる緑の美しさを、
いっぱい感じてくださいね。

ステキな画像がたくさんあったので、
今回は長いです。
じっくりゆっくり、ながめてくださいね。

° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° °
° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° °

2日目の朝食。
あさりのみそ汁に三つ葉と山椒を入れて…
Img_4540

ろくさん邸はどこにいても緑が見えるの。
Img_4542

食後にぶびんがのブルーベリーティーを楽しみました。
もちろん、ポットもカップもぶびんがのもの。
Img_4544

° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° °
° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° °

蓼科高原 バラクラ イングリッシュガーデン」へ。

※1990年に日本初の本格的な英国庭園として、
ケイ山田のアートディレクションのもとに誕生したガーデン。
5000種類を超える植物コレクションが楽しめる。
(パンフレットより)

Img_4567

ずいぶん前からの愛読書「BISES(ビズ)」。
ベンジャミンさんはこの本で、
「蓼科高原 バラクラ イングリッシュガーデン」を知っていて、
行けることになって大はしゃぎ!!

ケイ山田さんにお会い出来て、
ニコニコ顔のベンジャミンさん。
Img_4554
※ケイ山田さんは英国園芸の第一人者で、ガーデンデザイナー、バラクラオーナー。
「庭はもう一つの部屋」、「ケイ山田の美しい庭づくり〜英国庭園を広めたパイオニア」
など、著書多数。
BS11デジタルで「ケイ山田の英国庭園便り」が毎週放送中。

この日は、
ガーデニング専門誌「BISES(ビズ)」創刊20周年記念ということで、
ケイさんと編集長の八木波奈子さんのお話が聞けました。
2011061710330000
八木編集長さん

八木さんもケイさんも、
当時、まだ日本で馴染みのなかった
イングリッシュガーデンを広めるために、大変なご苦労があったそう。
それを豪快に笑って明るくお話される姿に感動して、
涙があふれでてきました。
あのパワーは好きなことをやっているからなんだろうなあ。
共感出来る。
かっこいい女性たちでした。

この庭園だって、
ホラ出来た!ってすぐに出来るものではないもんね。
年月をかけて、自然と調和して出来上がった庭。

Img_4579
このときはまだバラが咲いていなかったので残念。
でも、 すばらしい庭作りにうっとり。
Img_4623
植物を植えるバランス、椅子の配置、建物と植物…
いろいろ勉強になりました。
Img_4618

ケイさんやスタッフの方たちが思いを込めて作った庭園、
そして森の中を、何も考えずに歩くのが好き。

Img_4606

この葉っぱ、ムーミン谷にはえていそう…とか、
日が射し込む感じとか、この配色いいなあとか、

Img_4605

Img_4590

この花の名前は何だっけ…。
考えるとせっかくの風景の流れがとぎれてしまうから、
何も考えずに、
目に入ってくるものをそのまま感じていました。
(でも 印象に残ってるものはあとで 調べるし、聞くけどね)

Img_4577

Img_4629

Img_4630

帰りにショッピング。

ゼラニュームのホワイトマカロン、
ここにしかないんだって。
もちろん買いました。
2011061711560000

たくさんの苗!!
Img_4634

帰りの道中で見かけたものにもぐっときました。

この塀の感じ、、、憧れます。
Img_4635

ナゾな建物!!
Img_4648

自然農園にて、フェンネル
Img_4649

ルバーム
Img_4650

° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° °
° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° ° °

岐阜に帰ってきても、
ケイさん、八木さんのお話と、
ろくさんと過ごした時間、
ろくさんの温かい言葉、
ろくさん邸から見た緑と雨のしずくなどが頭から離れなくて、
ボーっとしていました。

浄化された感じがします。
とてもすばらしい二日間のお休みを頂きました。

ろくさん、ありがとうございました!

そして、わたしが不在の時間、
ぶびんがをしっかり守ってくれたゆかちゃん、ありがとう!

Img_4563_2
黄金アカシア。ろくさんが欲しい木

ぶびんが便り

2011年6月24日 (金)

再び蓼科へ(1日目)

昨年10月に、
ろくさんのステキな別荘へ遊びに行った店主。
※くわしくはこちら
(申し訳ありませんが、PCからしか飛べないかもしれません〜)

つい先日、再びお呼ばれして、
ベンジャミンさんと蓼科へ。

木々の画像にうっとりしていると、
こちらまで爽やかな風が吹いてきます。

豊かに流れる時間に、
心がおだやかになっていきます。

今回は1日目をご紹介。
ゆっくりとお楽しみくださいね!!

∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀
∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀

二度目の蓼科、ろくさんの別荘へ。
今回は「庭の音を聴く」がテーマだった気がします。

Img_4520

岐阜より一ヶ月遅れの気温。
新緑を楽しむ旅でした。

Img_4490

向かう車の中で、
ろくさんから「庭をこうしたい、あんなふうにしたい」
「今こういった作業を手作りでしている」、
欲しい木、
欲しい草花の名前……

夢ではなく現実に、
ご自身やご家族の手でひとつひとつ作りあげているお話を聞き、
わくわくしながら蓼科へ。

ろくさんは、
いつも別荘でゆったりとする暇はなく、
お庭いじりなどの作業ばかりしてるそうで、
今回は「しのぶさんたちと久しぶりにゆっくり出来る」
と、おっしゃってくださいました。

∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀
∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀

夕食の準備をする前、ワインで乾杯。
その後、みんなで森を散策。
Img_4513

三つ葉、ふき、山椒の葉を発見!!
Img_4509

Img_4491

Img_4484

Img_4505

清水が流れていたので、
クレソンはないかと期待しましたが、
残念、、、見つけられませんでした。

ああ、それにしても、
私、やっぱり好きだわ。

木や葉っぱを
見てるだけでいい。

Img_4503

Img_4493

Img_4499

∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀
∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀

夕食の準備は、ベンジャミンさんと私が担当させていただき、
きれいなキッチンで気持ちも上がる!!
お酒を飲みながら料理を作りました。

メニューは、野菜いっぱいの手作り餃子、
ひじきのサラダ、
お刺身、
焼き野菜いろいろ、
パッタイ風やきそば…
Img_4528

鉄板をウッドデッキに出して、
お外を眺めながら食事をしたのだけど、
業務用のような鉄板はさすが!
美味しく焼き上がります。

おウチ女子会は、
家庭によって料理法や味付けが違うので、
それだけで話しが盛り上がっちゃう。

前に来たときはなったのですが、
ウッドデッキから眺める庭には、
道路からこちらが見えないよう、
目隠しになるように休憩場所が作ってありました。

ゆったりとプライベートな時間が過ごせる工夫を、
庭がいちばん楽しめる位置に作ってありました。
すばらしい!!

∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀
∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀

バーベキュウが出来るように、
ブロックが積んであり、まだ途中の様子。

かわいい小さな物置小屋も、こだわった手作り。
色合いも緑と溶け込んでいました。
Img_4521

森と隣合う静かな地に佇む別荘は、
自然の動きに合わせるように、
数年かけてじっくり庭作りをしていくのでしょうね。
きっと十年先は、違う表情を見せてくれるのでしょう。
(お店も同じだもんなあ)

そして、これらは、
小さなお孫さん達への贈り物でもあるというお話を聞いて、
温かい気持ちになりました。

生活を楽しめる人は、
とても想像力が豊かで、
自然が友達だと思うの。
これから先も、
ろくさんご家族のみなさんの、
庭作りの話しに終わりはないと思う。。

この夜、
日焼けした肌にクレイを。。
ろくさん達初体験!

眠るまでずっと笑顔でした。

Img_4482_2  

∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀
∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀

〈おまけ〉

翌日の朝食の仕込み。

採ってきたふき
Img_4533

スーパーで見つけたアスパラ菜。
初めて見ました!!
Img_4536

ふき、山椒
Img_4538

※2日目の様子は次回!!
お楽しみに!!

ぶびんが便り

2011年1月28日 (金)

ドイツの陶器 その2

わたし、はむちゃん家では、
娘がアネモネ柄のカップと
ピーコックイエローのカフェボール。

夫がリードチュアーの柄のカップと
ブルードットのカフェボール。

義母がブルードットのカップ。

そして、わたしはアップル柄のカップと
カフェボールを使っています。

柄がおそろいじゃなくても、
テーブルの上ではまとまりがあって、
並んでいると表情豊かでワクワクしちゃう。

陶器にまったく興味のない夫が、
先日、カップをまじまじと見て、
「これ本当に使いやすいなあ。口当たりもいいし」
と言っていました。
こんなこと、初めて。

「これまで、
自分用、お母さん用にとかわいらしい柄を選び、
お父さん用はどうしようって悩んでいらしたお客様が、
今回の新柄からお父さん用を選んでいかれます。

ブルーが基調なので、
ポットとカップとお皿、
どの柄と組み合せてもOK。
飽きのこないデザインですよね。

わたしは毎日、
テンドリル柄のカフェボールに
ヨーグルトを入れています」(店主)

********************
********************

【KannegieBer-Keramik・カンネギーサ陶器】
P1000522
深い藍色が特徴のオリジナルデザイン。

リードチュアーのポットとカップ
左端はデイジー柄のカップ
P1000505

ブルーフラワーのポット
P1000518

********************
********************

【Heise Keramik・ハイゼ陶器】
P1000523
上で紹介した「KannegieBer-Keramik・カンネギーサ」と
ライセンス契約のもとで生産。
色使いが美しい。

☆カフェボール

カフェボールは、
とても使いやすい大きさ。

はむちゃんは納豆を入れたり、
(思いっきりかき混ぜても溢れないので便利)
お茶漬けに、お雑煮に、うどんに、
茶わん蒸しに、煮ものにと、
和の食材にもばんばん使っています。

はむちゃんが一目惚れした
アップルのカフェボール
P1000506

テンドリル
P1000509

☆カップ

「カップは取っ手に小さな丸い凹凸があり、
そこに指が当たって力が入りやすくなっているの」(店主)

左上からテンドリル、ピーコックイエロー、
アップル、フラワーフィールド、
ガーランド、ブルードット
※ピーコックイエロー、ガーランドはNew Desigh!
P1000512

右から2つ目はアネモネ
P1000503

左からパウロブルーと、
葉っぱがかわいいツイッグはNew Desigh!
P1000514

トルコの魔よけ、ナザール・ボンジュウに似てる!?
ブルーアイ
P1000527

◇揃えると楽しいね!

朝からワクワクしちゃいそう!
P1000516

くじゃくの羽根みたいなピーコックイエロー
P1000493

小花がかわいいガーランド
P1000492

アネモネのカップ&ソーサーとポット
P1000497

********************
********************

「少しずつ柄を増やしていったり、
お皿を揃えてみたり。

毎日使うものですもん。
好きなものには、こだわりたいですよね。

一つお買い上げされたお客様が、
来店する度にもう一つ・・って選ばれていきます。

それだけ口当たり、
持ちやすさ、
商品のもつ雰囲気のあたたかさを
気に入っていただけている事だと思います。。。

オーブンもOKだから、
カップケーキやプリンにも使えるの。

出会えて よかったあ」(店主)

ぶびんが便り

ドイツの陶器 その1

前回、ちょこっとさわりで紹介した、
わたしの好きなドイツの陶器。

店主が「新柄があるのよ〜」と、
たくさん画像を撮って送ってくれました。
P1000500

どれも芸術品のように絵柄がきれいで、
まるっとしたカタチがかわいい!
(しかも厚みがあって丈夫で、値段もお手ごろ)

絵柄それぞれに名前があるんだって。
より愛着が湧いてきます。

P1000520

『By-Saxonia Feinsteinzeug-Manufaktur
OHG made in Germany』

Saxonia Feinsteinzeug-Manufaktur社は、
ドイツ・ポーランド国境近くの
オーバーラウンジッツ地方に工場がある古くからの窯元。

ぶびんがで取り扱っている陶器は、
この地方で伝統的なブンツラウアー陶器。

スポンジを用いた型を使い、
表面に様々なモチーフをスタンプしてブラシで仕上げるという、
丹念な手法で絵付けをしています。

深い藍色が特徴のオリジナルデザイン、
個性的なモチーフと独特の色使いが美しい
手作りならではぬくもりを感じる陶器は、
電子レンジ、オーブン、食洗器もOK。
丈夫で使いやすい陶器です。

P1000517

「スペイン、イラン、パキスタン、インド、ベトナム、
タイ、中国、そして……日本。
今までたくさんの国の食器を扱ってきました。

そんな中、
ヨーロッパの食器を探していたときに、
ぽってりとした厚みと温かさを感じる
ポーランドとイタリアの食器に出会えたの。

どん欲なわたしは、それでもまだ満足出来ず、
もっともっと素敵な食器はないかな!
という想いが強くなる一方。

あるときついに、
ブンツラウアー陶器と出会いました。

デザイン、手に持った感じ、色柄などなど、
もうもうもう、わたし好み!
ぶびんがのお客様も好きになってくださるはず!

まさに運命の出会いでした。

そして、やっぱり大人気。
たくさんのお客様が
クリスマスプレゼントに選んでくださり、
お店はもちろん、
追加発注できないくらいメーカーさんも完売になりました。

今回撮影したのは、
最近仲間入りした新しい柄。
なんとも親しみのある柄でしょう。

わたしは、インドの木版みたいって思いました。
インドの布でありますよね、
手描きのような柄でカラフルなもの。
見ていてとっても楽しいの」

※「その2」ではたっぷり画像を紹介。
ひき続きお立ち寄りくださいませ!

2010年10月 6日 (水)

バッグ&靴のおしゃれレッスン2

どうかな。
お気に入りの組み合せ、
そして、参考になった組み合せはありますか?

店主がバッグと靴を買い付けに行くときに、
以下のことにこだわっているそうです。

*まず思い浮かべるのは、お客様の求めていたデザイン。
*流行に関係なく、ずっと使えるもの。
*商品と値段が納得のいくもの。
*お店で扱っている服に合うもの。
*そして、なんといっても、店主が「いいっ!」って思ったもの。

現在、ぶびんがではたくさんのバッグと靴を用意しています。
入荷情報や商品紹介は、
ぶびんが便り」をチェックしてくださいね!

◆◆◆◇ ◇ ◆◆
◆◆◆◇ ◇ ◆◆
◆◆◆◇ ◇ ◆◆

トレッキングシューズとかわいいリュック
Img_3428
*今年流行のトレッキングシューズ。
でも、この「ティアラ」のブーツは面倒なヒモは結ばなくて良し。
ファスナーが付いています。
◎ワンポイントアドバイス
「ブーツの黒色が重たいと感じる方は、
やさしい色目のレッグウォーマーを合わせると足もとが軽やかに。
または、全身黒でコーディネートして、
帽子やストールなど小物をリュックと同じ色目にするのも、ナチュラル感UPで◎」

◆◆◆◇ ◇ ◆◆
◆◆◆◇ ◇ ◆◆
◆◆◆◇ ◇ ◆◆

赤茶色のシューズとトートバッグ
〔夢のある靴とバッグ♡〕
Img_3426
*バッグは取り外し出来るファーのブローチなので、春夏は外して使えます。
素材は麻と革のコンビ。
*靴もバッグも「ティアラ」のもの。
◎ワンポイントアドバイス
「ナチュラルスタイルはもちろん、カジュアルスタイルにも合います」

◆◆◆◇ ◇ ◆◆
◆◆◆◇ ◇ ◆◆
◆◆◆◇ ◇ ◆◆

ショートブーツとポシェットショルダーバッグ
〔素材感を揃えた大人スタイル〕
Img_3422
*このブーツはスッポリとラクに履けます。
◎ワンポイントアドバイス
「茶色とベージュの上品なコーディネイトです」

◆◆◆◇ ◇ ◆◆
◆◆◆◇ ◇ ◆◆
◆◆◆◇ ◇ ◆◆

ロングブーツとポシェットショルダーバッグ
〔色を揃え、落ち着いた雰囲気に〕
Img_3420
*ポシェットショルダーはヘンプの毛糸で編んであります。
◎ワンポイントアドバイス
「おしゃれしてお散歩やショッピングに行きたいときに」

◆◆◆◇ ◇ ◆◆
◆◆◆◇ ◇ ◆◆
◆◆◆◇ ◇ ◆◆

レースアップブーツとカゴバッグ
〔籐とファー、レザーなどの異素材のミックスに注目☆〕
Img_3417
*かごは革×毛糸の飾りがしてあります。
それだけで夏っぽいかごも冬仕様に変身!
*かっちりきれいめなレースアップブーツはショート。
*どちらもティアラの商品。
◎ワンポイントアドバイス
「かわいらしい小さなかごでお食事にでかけましょう!
カジュアルダウンさせても合います」

バッグ&靴のおしゃれレッスン1

店主に
「靴とバッグってどうやって組み合せたらいいの?」
と質問してみました。

「色を合わせるのもきれいだけど、なかなか難しいですよね。
わたしの場合、
全体のスタイル、お出掛け先、用途によって決めています。

カジュアルなモカシンやペコブーツに、
エナメルのような光沢のバッグは合わないと思う。
だけど、色を合わせると、
素材がまったくちがってもきれいに合わせられます。

また、
きれいめのブーツにラフなバッグは浮いてしまうけれど、
靴下やレッグウォーマー、レギンスなど、
カジュアルなアイテムをプラスすると、なじみます。
そう、小物ひとつで変化させられるから面白い!

さらに、
かごとブーツはこの時期、合わないけれど、
かごにファー、毛糸、革など
モコモコした素材のアイテムを着けるだけで秋冬もOK。
毛糸で編んだカバーやファーのついた布をかぶせてもいいですね」

素材や色などが合わないし、
合わせにくいと思っても、
小物やアイテムをプラスするだけで、しっくりなじむなんて、
おしゃれって奥が深い……。

バッグ&靴のコーディネート、
ぜひぜひ、研究してみてください!

■□□ ■■□■
■□□ ■■□■
■□□ ■■□■

ベージュの編み上げブーツとファー付き毛糸バッグ
〔色を合わせたカジュアルスタイル〕
Img_3415
*白やベージュなどナチュラルな服が多い人には、ベージュの靴を持っていると便利!
春先まで使えます。
*バッグはショルダー。
ポシェットタイプなので、旅行やショッピングに重宝します。
◎ワンポイントアドバイス
「バッグと靴(または小物)の色を揃えておくと、
グレーや黒などのシックな色の服装のとき、キレイな印象に」

■□□ ■■□■
■□□ ■■□■
■□□ ■■□■

かっちりとしたチロリアンシューズとバッグ
〔色のバランス、素材感を合わせました〕
Img_3413
*仕事の書類がすっぽり入る大きめのバッグは、
一泊旅行にも使えそう。
◎ワンポイントアドバイス
「素材感が大人っぽさを演出!」

■□□ ■■□■
■□□ ■■□■
■□□ ■■□■

キャメルのブーツとネパールのバッグ
Img_3412
*このブーツは座らなくても履けるから便利。
お子様連れのママにおすすめです。

■□□ ■■□■
■□□ ■■□■
■□□ ■■□■

長さが変えられるブーツとヘンプ素材のリュック
〔遊びに行くときのスタイル〕
Img_3407
*こちらも座らなくても履けるラクチンブーツです。
*ヘンプ×革素材はオールシーズンOK。
たくさん物が入ります。
◎ワンポイントアドバイス
「リュックをひとつ持っていると便利ですよね」

■□□ ■■□■
■□□ ■■□■
■□□ ■■□■

ペコスブーツとショルダーバッグ
Img_3405
*バッグはヘンプ素材に革のパイピングがしてあります。
◎ワンポイントアドバイス
「ブーツはスタイルに合わせて折り曲げて変化を。
これ一足で2パターン楽しめちゃう」

※バッグ&靴のおしゃれレッスン2に続きます……

2010年9月29日 (水)

ネックレス!ネックレス!ネックレス! 【その3】

今週も続きます、ネックレス特集。

実は、わたし、はむちゃんは、
きれいなネックレスを見るのは大好きだけど、
身に着けることはほとんどないの。

大柄でただでさえ存在感があるのに、
ネックレスをつけることで、
キャラクターがもっと濃くなり、
しつこい雰囲気になりやしないかって、不安で……。
うまくコーディネイトする自信がないのです。

この乙女の悩みを店主に聞いてもらい、
どんなアクセサリーがおすすめなのか、
アドバイスをもらいました。

「お客様と会話をしているときに、
パッとコーディネイトのアイデアが浮かぶの」

と店主。

それだけに、
文章にして説明するのには苦労したそうです。
わたしも出来るだけわかりやすく、
店主の言葉をリライトしてお届けしますね。
体型別になっています。

今回も2つに分けました。
最後までゆっくり見ていただけたらうれしいな!

◆◇◇◆◇◆
◆◇◇◆◇◆
◆◇◇◆◇◆

12.ビーズと木
Img_3384

◆◇◇◆◇◆
◆◇◇◆◇◆
◆◇◇◆◇◆

13.美しい色目
Img_3385

◆◇◇◆◇◆
◆◇◇◆◇◆
◆◇◇◆◇◆


14.木の実と赤のビーズがきれい
Img_3386
from.ケニア

◆◇◇◆◇◆
◆◇◇◆◇◆
◆◇◇◆◇◆

15.お魚のカタチをしたロング
Img_3387

◆◇◇◆◇◆
◆◇◇◆◇◆
◆◇◇◆◇◆


16.貝のボタンとビーズ
Img_3388

◆◇◇◆◇◆
◆◇◇◆◇◆
◆◇◇◆◇◆


17.シックな布のお花
Img_3389

◆◇◇◆◇◆
◆◇◇◆◇◆
◆◇◇◆◇◆


18.カラフルなとんぼ玉ビーズ
Img_3391
from.ケニア

◆◇◇◆◇◆
◆◇◇◆◇◆
◆◇◇◆◇◆

「ネックレスでおしゃれ上級生」レッスン1

■顔を小さくみせるためには……■

服の首まわりのデザインが大切。
首もとの開きを広くすると、印象が変わります。

また、大きな襟の服は、
襟を立たせたり、ボタンを開けると、
その対比効果でシャープな印象に。

アクセサリーを着けると、
視線が顔ではなく、アクセサリーに向けられるので、
顔の大きさが目立たなくなります。

ネックレスは、
小粒のペンダントよりも、
大ぶりなじゃらじゃらしたタイプがおすすめ。

だけど、
短すぎるものや首もとに平行に巻くチョーカーは、
顔に視線を集めてしまい、息苦しい印象に。
ゆったりとしたデザインのアクセサリーを選びましょう。

ちなみにわたし(店主)は、
首をつまらせる服はあまり好きではなく、
鎖骨を見せてVゾーンを作り、
そこに鎖骨ぐらいの長さの短いネックレスを着けます。
無地の服の場合は、おおぶりのものを選んでいます。

また、色がたくさん使われているアクセサリーは、
無地の服のほかに、
柄ものの服に合わせると、さらに合うと思います。
その場合、
服の柄とアクセサリーに同じ色が入っていることが大切です。

白い服に黒×シルバーのアクセサリーもエキゾチックで好き。
そして、
夏は服よりもアクセサリーの色を明るくするのも好きです。

こんなふうに服とアクセサリーを反対色にするときは、
シンプルな服を選んで、
アクセサリーをメインにコーディネイトしてくださいね!

※その4に続きます……

2010年9月23日 (木)

ネックレス!ネックレス!ネックレス! 【その2】

いつも書いているけれど、
ぶびんがの商品って、どれもが工芸品や美術品みたい。
こうして画像を眺めているだけでも楽しいですよね。

店主は、ネックレスを買い付けに行くとき、
お客様の好みを思い浮かべたり、
お店の服との相性を考えながら、
ものすごいスピードで選んでいくそうです。
やはり、インスピレーションなんですって!

ひき続き、ネックレスの世界をお楽しみください。

○●●●○○
○●●●○○
○●●●○○

7.ガラス玉
Img_3377
シックな秋色。
こちらは長めです。

○●●●○○
○●●●○○
○●●●○○

8.くじゃくの羽
Img_3378
くじゃくの羽に鮮やかなトルコブルーのひも。
暗めのトーンで地味なりがちな秋冬のコーディネイトを、
明るくしてくれます。

○●●●○○
○●●●○○
○●●●○○

9.ビーズのロング
Img_3379
長いので二重にしたり、
ほかのアクセサリーを重ねたり、
柄ものとコーディネートしてもステキ。
色を楽しんで!

○●●●○○
○●●●○○
○●●●○○

10.ゴールドの玉が印象的な大ぶりのロング
Img_3380
ゴールドの糸が巻き付けてある玉に、やわらかいベージュの玉。
どんな色にも合わせやすいネックレスは、
これからの季節、
ベージュ系、トレンドのカーキのニットにおすすめ。

○●●●○○
○●●●○○
○●●●○○

11.軽くてデザインがおもしろい木製のモチーフ
Img_3382
ロングネックレス。
わたしが選ぶアクセサリーに緑色が多いのは、
どんな色にも合うから。

○●●●○○
○●●●○○
○●●●○○

12.ケニア
Img_3383
カラフルなひもは、薄いビーズが連なったもの。
存在感たっぷりのネックレスなので、
黒のタートルにさり気なく。
または、柄ものの服と合わせ個性的なコーディネイトを。
飽きのこないデザインです。

○●●●○○
○●●●○○
○●●●○○

※実は、まだ紹介しきれないものが……。
来週もネックレスの特集をお届けします!
Img_3403

ぶびんが便り

ネックレス!ネックレス!ネックレス! 【その1】

雑貨、衣服、日用品、インテリア、ブーツ……
これまでもたくさんぶびんがの世界をお伝えしてきましたが、
まだまだあるのです、こだわりのアイテムが。

だってほら、宝箱をひっくり返したような、

もしくは、

子どものころに見たテレビ番組「ピンポンパン」の
おもちゃの木(入ったことないけど、憧れでした)
みたいなお店なんですもの!

今回ご紹介するネックレスは、
店内にこんなふうにディスプレイしてあるでしょう。
Img_3402

まるでアジアの雑貨屋さんのようにディスプレイしてある、
このネックレスのカーテンから商品を選ぶ楽しさ!
たまりませんよね。

「この中から最初に手にとってふれたものを、
ほとんどのお客様が購入されます。

ほかのものもいろいろ見たあと、
やっぱり最初に気になったものを選ばれます。

まさに、インスピレーション!」(店主)

このあと、2つに分けて12のネックレスが登場します。
ビビビッときたものはどれですか?

それをうっとりと眺める時間って、
なんて豊かで贅沢なんでしょう!

ゆっくりお楽しみください。

■□□□■■
■□□□■■
■□□□■■

1.革ひものロング
Img_3369
マリア様と十字架のトップは人気商品。
カジュアルスタイルにもぴったりです。
革ひもの長さは調節できます。

■□□□■■
■□□□■■
■□□□■■

2.チェーンのロング
Img_3370

■□□□■■
■□□□■■
■□□□■■

3.革ひも&コイン
Img_3371_2
長さ調節できます。

■□□□■■
■□□□■■
■□□□■■

4.エスニック
Img_3373
深い緑に黄緑色がきれい!

■□□□■■
■□□□■■
■□□□■■

5.大ぶりのロング
Img_3375
たっぷりとしたニットや、
タートルニットに合わせたいな。

■□□□■■
■□□□■■
■□□□■■

6.ガラス玉
Img_3376
短めのネックレス。
秋色のガラス玉がステキ。
柄ものと合わせたり、ニットと合わせても。

※その2に続きます……

2010年9月15日 (水)

ぶびんが美術館/カップ編

いろいろな素材の、いろいろな柄の、
いろいろな大きさのカップがほしい……。

でも、重ねられないし、収納に困りますよね。
無理矢理重ねて置いておくも、
バランスを崩して落ちてきやしないかひやひやしちゃう。
地震のときなどはとくに。

店主にかしこい収納法を聞いてみました。

「我が家では、かさばるカップはまるいカゴに入れて、
引き出しのように棚へ収納しています。

2010091221010000_2

とくにお気に入りのポットとカップは、
飾り棚に並べています。

使わないものは思い切って処分しちゃうのがコツかも。

ぶびんがでは、
温もりのあるポッテリとしたものを選んで入荷しています。

料理やシーンにあわせて器を選ぶ面白さ、
盛り付ける料理を想像する楽しさを大切にしたい……。

しあわせを感じられる瞬間って、
毎日の暮らしを楽しくすることの積み重ねだと思うの。

お客様のしあわせのお手伝いができたら……と思っています」


※ちなみに 写真のカップはスペインのビアグラス。
コーヒーをこれで飲むの。
まるくって かわいい。
絵は手描きなんですって。

では、カップ編、いきましょう!
どどーんと8種類、登場します。

■□■
■□■
■□■
■□■
■□■

1.パキスタン
Cup1
平たくて大きいのでスープを入れても。
ちょっといびつな感じがたまらないですよね。

■□■
■□■
■□■
■□■
■□■

2.瀬戸・半磁器・285cc・オーブンレンジOK
Cup2
シンプルな落ち着くデザイン。
あったかいカフェオレが飲みたいな……

■□■
■□■
■□■
■□■
■□■

3.瀬戸・半磁器・オーブンレンジOK
Cup3
これでプリンを作っても良さそう!

■□■
■□■
■□■
■□■
■□■

4.瀬戸
Cup4
ソーサーは別売りであります。
お茶でもスープでも、小鉢としても使えて重宝しそう。
ひとつひとつの表情が楽しめる。

■□■
■□■
■□■
■□■
■□■

5.瀬戸・半磁器・220ccオーブンレンジOK
Cup5
こちらはカップではなくココットです。
プレート料理に、小鉢に、オーブン料理に、
店主の家で愛されているそうです。

■□■
■□■
■□■
■□■
■□■

6.パキスタン
Cup6
カフェオレボールです。
手描きのラインがたまりません。

■□■
■□■
■□■
■□■
■□■

7.ベトナム
Cup7
カフェオレボールだけど、
お茶わん用に買っていかれるお客様多し。
手描きのにわとりににんまりしちゃいます。

■□■
■□■
■□■
■□■
■□■

8.パキスタン
Cup8
カフェオレボール。
サイズもイラストもいろいろ。
お手頃価格でぶびんがの大人気商品。
こちらもお茶わんに使うお客様多し。

■□■
■□■
■□■
■□■
■□■

ぶびんが便り