« 大坪さんの男の隠れ家 | トップページ | 手作りのクレイ石けん »

2011年11月10日 (木)

はむちゃんの散歩道(エッセイ)その2

今年もあと1ヶ月半で終わり。

わたしにとって2011年は、
住み慣れた町、岐阜が大好きになった年でした。
これは思いもよらなかったこと。
子どものころからずっと、
つまんない町だと思って住んでいました。

Img_4813_3  

10月に「長良川おんぱく」が開催されました。
今年のはじめに、
別件で事務局長の蒲さんを取材したのがきっかけで、
説明会などに出向き、
パンフレットやHP制作にほんの少しだけどたずさわらせてもらい、
長良川近郊に何度も出向き、
たくさんの人たちと出会い、
泣けるくらい岐阜の人たちの温かさにふれました。

みなさん、長良川と金華山を愛し、
豊かな自然とともに生きていらっしゃる。
旅館やホテルの方たちを取材させていただく機会に恵まれ、
歴史やもてなしへの想いをお聞きすることが出来て、
本当に幸運でした。

Img_4827

おんぱく期間中は、
劇団ラッキーキャッツさんの演劇ワークショップ、
語り部しずくさんのステージ、
山口敏太郎さんの妖怪バスツアー、
ネシアンさんのベトナム料理、
Aricoさんのピアノコンサートのプログラムに参加し、
河井聖子さんの妖怪話の受付などを担当。
思いっきり楽しみました。

ひとつひとつきちんとブラッシュアップされたプログラムは、
どれも本当に満足した時間だったし、
ひとつひとつのプログラムで、
必ずステキな方たちに出会えた奇跡…。

……岐阜ってなんてステキな町だろう。
岐阜に生まれ住んで良かった。
足りないものなんて何もない。
とくに外になにかを求めなくても、
今、ここに、楽しい暮らしがあふれだしてる。
もっともっと岐阜を知りたい……

気持ちそのものを豊かにしてくれるきっかけになりました。

Img_4792

長良川、金華山、川原町を散歩すると、
古いものを大切にし、
新しいテイストと溶け合った岐阜ならではの空気が
胸をときめかせてくれます。

その足で、
ぶびんがまで散歩しても面白いですよね。

橋の上から長良川と金華山を眺め、
そのきらきら光る水面に目を細める優雅なひとときよ。

想像するだけで、新鮮な気持ちや発見に包まれます。

2011111011210000

※画像は店主が岐阜メモリアルセンターと金華橋で撮影したものです。
※ぶびんがの最新入荷情報などはこちらをクリック&チェック!!

« 大坪さんの男の隠れ家 | トップページ | 手作りのクレイ石けん »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559104/53208358

この記事へのトラックバック一覧です: はむちゃんの散歩道(エッセイ)その2:

« 大坪さんの男の隠れ家 | トップページ | 手作りのクレイ石けん »