« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月28日 (金)

大坪さんの男の隠れ家

先日、店主に誘われて、
大坪さんのセカンドハウスにお邪魔しました。

大坪さんは、ぶびんがの古くからのお客様なんだそう。
優しくてダンディで魅力的な男性です。

夜道の中、店主が車を走らせて辿り着いた先には、
日本人離れした、
アメリカン・ウエスタンのような、
男性にとってたまらない世界が広がっていました。
Img_4888_2
手作りならではの居心地の良さ、
かっこいいセンスに、女性のわたしもうっとり。

Img_4846_2

お部屋の中をぐるぐるまわり、
じろじろ見ながら、
すてきなため息が何度ももれます…。

Img_4852_2

「大坪さんの秘密のアジトには、
これまで何度か遊びに来ていますが、
毎回どこかに手が加えられて、進化しているの。

ここにいると時間を忘れてしまう…。
頭の中の考えごとが消えてしまう…。

Img_4883

そんな中、
大坪さんのすばらしいお話を聞いて、
こだわり集めた素敵なものを見て、

帰り道に、
無となり、

自分をふりかえる。

『楽しく過ごそう』って、心の底から思う」(店主)

Img_4884

☆テーブルに色鮮やかなホーローのカップを置いてみました。
Img_4863

「『やっぱり私の趣味をあんたは知ってる。。』と大坪さん。
素敵な夜のお礼に、プレゼントさせていただきました」

☆暖炉のそばに華やかな色柄のスペインのピッチャー。
Img_4877

☆パキスタンのカゴ
Img_4873

「この場所によく似合う。
ハーブをドライにするときに使ったり、
果物をどっさりのせても良さそう。
使わないときには、こうして飾りにして」

☆襟付きチェックワンピースに スェード風ボア付きベスト
Img_4903

まさしく ちょっぴりウエスタン。ログハウスに合う女性らしいコーディネイト。

(撮影した場所は、ブランコ。
いつもはお孫さんが楽しく遊んでいらっしゃるそう)

Img_4890

☆クラッシクな雰囲気に、ロマンチックなスモックをImg_4895_2

「そばかすいっぱいの女性が着ているのを想像すると楽しい」

☆ホーローはこの雰囲気にぴったり。
Img_4866
キッチンのカウンターに無造作にウエスタンハットが、、、

古いヤマハのオルガン
Img_4881_2

アンティークの椅子。これ、金華山織って言うんですって。

Img_4904

※金華山織…横糸に金糸銀糸などの金属繊維を用いて模様を作る技法。西陣織などでよく用いられる。模様が山々が連なっているように見えるため、この名前がついた。

捕まえられたウナギイヌ
Img_4887_2

⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂ ⁂
こんなふうに、和気あいあいと撮影。
Ts3u0776
※撮影に夢中の店主と大坪さん。
わたし(はむちゃん)がこそっと撮りました。


ログハウスで、
大好きなアンティークに囲まれて過ごす時間は、
夢の中みたい…。

大坪さん、本当にありがとうございました。

2011年10月14日 (金)

はむちゃんの散歩道(エッセイ)その1

あの日以来、

「自分は奇跡的に生きている」
「生かされている」
「生きる意味がある」
「生きるとはなにか」

について、考えずにはいられない。

Img_4478_3

現時点で感じている自分なりの答えは、、、

Img_4490

すごいことをしたり、偉い人になったり、有名人になったり、
目立って人々の心に残ることをしなくても、
じゅうぶんに自分が存在する価値があって、

何よりも大切なのは、

日々の暮らしを大切に過ごすこと。

「さまざまなことを体験するために生まれ、生きている」

ということ。

Img_4504

うれしいこと、悲しいこと、楽しいこと、きらいなこと、成功、失敗、
好きな人、きらいな人、面倒くさい人、もめごと、、、

一瞬一瞬の体験こそが、
生きている、生かされている意味なのではないか。
うれしいこともいやなことも、
人生のこやし。

うまくいかなくて落ち込む日々も、
人生のこやし。

そう思うと、どんな出来事もいとおしい。

いやなことはいやだけど、
人生のこやし、人生のこやし、と思えば、
いつもよりもらくに乗り越えられる。

死んだあと、
宇宙の何もない無の世界の住民になるのだとしたら、

わいわいがやがや泣いたり笑ったり、
すったもんだしたこの世界を、
懐かしく思うのかもしれないね。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »