« 2011年1月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月27日 (金)

ミニ「ぷぷぷの惑星」

店主が撮ったわくわくする写真7枚に、
それぞれワン・シチュエーションの物語をつけました。

2人のコラボ、
ゆっくりとお楽しみください。

はむちゃん

************************

『小さな庭のある場所で』

休日の午後、あまりの天気の良さに、
テーブルを外に運んでクロスをばさっと広げ、
訪ねてきた友達とワインで乾杯。
Img_4070_4
日が暮れたら、
白の愛らしいランプに明かりを灯して、
静かにゆっくり語り合うの。

☆店主

「撮影時は冬で緑が少かったのですが、
今はツタものび絡まり緑がワサワサしています。

最近、庭にある長椅子で、
フラッと立ち寄って頂いたお客様とお喋りすることも。
こんな場所があると「お茶でも飲んでいきませんか?」って、
気軽におしゃべりに誘えますよね。

スペインのピッチャーにイランのふきガラス。
クロスの色はその日の気分にマッチするものを。
今から料理がやってくる……
外でランチを楽しむ風景を撮りました。
後ろにちらっと見えるアイアンのスクリーンは、
ご注文承りますので、
お気軽に声をかけてください」

************************

『緑と光に包まれた空間』

漏れ差す太陽の光と、
ランプの光が、
ほどよく照らすお気に入りの空間。
Img_4082

薄めのコーヒーをすすり、
楽しみにしていた本を読むひとときは格別。
近寄って来た愛犬を足でさわりながら、
小さなカラダからあふれる体温と、
ふさふさの毛を愛おしむしあわせよ。
Img_4101

☆店主

「ポーランドのカップソーサーとパキスタンの絵皿に、
お気に入りのかわいいランプ、
それと、浜松の甥っ子から届いたホワイトデーのお菓子。
うれしくて写真におさめました。
くわんはいつもこの場所で外を眺めています」

************************

『おかえりなさい』

遊び疲れて帰ってきた子どもたちの開口一番は、
「ただいま」ではなく「おなかすいたー」。
Img_4118
今日の夕飯は、
こだわりスパイスをブレンドした
子どもに媚びない本格カレー。
「辛い」の声が聞こえたら、
缶詰コーンを入れて甘さをプラスしてあげよう。

☆店主

「スタッフのゆかちゃん家のキッチンです。
ぶびんがで購入したゆかちゃんの愛用品にプラスして、
撮影用に商品を並べました。
木の菓子型は 鍋敷きに。
ゆかちゃん!
好きなものを眺めて暮らす我が家が一番好きよね!
かわいい夢のようなキッチンだわ!」

************************

『わたしの部屋』

カゴのふたを開けると、
中からウサギ、、、ではなく、
コレクションしているヘア・アクセサリー。
Img_4169
鏡を見ながら今日の髪型を作るお出かけ前の「決め」の場所。
帽子をかぶって、さあ、行ってきます。

☆店主

「本当にわたしの部屋。
壁は自分で塗りました。
インドの小さな棚と小さな小物入れ。
(ヘアアクセを入れています)
蓋があるとほこりが入らないし、
見た目もすっきりきれいでしょう!!」

************************

『妄想旅』

時間がなくてなかなか旅行できないけど、
わたしの頭の中はいつも旅気分。
Img_4170
ベッドの中で、
このランプの光をじっと見ていると、
行ったことのある国、
行ってみたい国に飛んでいく。
今夜はバリ島。
ケチャックダンスで繰り返される、
男たちの呪文と妖しい炎がわたしを満たす。

☆店主

「19歳の頃に買った、
イタリア製のランプをアップで撮りました。
お気に入りは一生一緒だと思う。
だって、私の好みは変わらないもの」

************************

『ハーブのある暮らし』

「ハーブティーが苦手」なんて言わないで。
わたしが好きな味を見つけてあげる。
Img_4330
二日酔いがすっきりするもの、
メタボ気味なあなたにぴったりなものなど、
いろいろなハーブを用意したから、
今日のデートは試飲大会。

☆店主

「白のクロスは空間を広く見せてくれる。
撮影には、
お客様から頂いたイチゴを使わせていただきました。
もちろん、撮影後はわたしのお腹の中へ…!!
ふびんがでは、
わたしが選んだハーブティーはもちろん、
耐熱ガラスのポットやカップも取り揃えています」


★ぶびんが便り

店主へ「好きな食べものは何ですか!?」

「好きな食べものは何ですか!?」

よくあるようでなかなか聞けない質問を、
店主にしてみました。

Img_4157

■質問にお答えします■

ん???
素朴なおばんざい的なものが好きかしら。
ひじきの煮付け、おから、きんぴら、里芋の煮物、、、

自宅でチヂミを焼くときは、
ビックリするほどお腹いっぱい食べるから、
チヂミがスゴく好きなのかも?
お好み焼きも。

肉より野菜をたくさん食べます。
チヂミも野菜タップリだもんね。
豚牛をたまに食べると、お腹がビックリするみたい。

あとはやっぱり、
ほうれん草たっぷりのインドカレー!!

以前、メディカル・アロマテラピー教室で、
20種類のハーブやスパイスを使った
本格カレースパイスを作りました。

上質な漢方屋さんから取り寄せたスパイスなので、
めっちゃ高価なカレー粉が完成。
初めて見るスパイスもたくさんありました。

このカレー粉を少し加えるだけで、
ふだんのカレーが深みのある辛さに大変身。
薬膳カレーになっちゃいます。

【おまけコーナー】

○しのぶ流 インド風チキンカレーの作り方

《材料 ※すべてざっくり適量で
鶏肉
たまねぎ
にんにく
しょうが
にんじん
クミンシード
トマトピューレ
プレーンヨーグルト
ブイヨン
グレープシードオイル
カレースパイス
カイエンペッパー
ブラックペッパー
こぶみかんの葉(あれば)

1.鍋にグレープシードオイルを熱し、
クミンシード、たまねぎ、にんにく、しょうがを炒める。

2.にんじん、ブイヨン、トマトピューレを加え、しばらく煮込み、
煮汁が少なくなったら、ひたひたまで水を足す。

3.少しとろみがついたら、カレースパイス、塩、鶏肉、
あればこぶみかんの葉を加えて煮込む。

4.鶏肉に火が通ったら、プレーンヨーグルトを加え、
カイエンペッパーとブラックペッパーで味を整えて完成!!

なす、だいこん、かぼちゃなどお好みの野菜で作っても美味。
もちろん、市販のスパイスでもおいしく出来ます。

これを食べると頭がシャキーン!!
汗をたっぷりかいて、カラダがホカホカに!!

★ぶびんが便り

2011年5月13日 (金)

こだわりたい、庭仕事の道具

寒い時期には枯れ枯れだったのに、
葉っぱがひとつずつ力強く顔を出し、
新しい命が吹き込まれていく。

雨が降るたびに緑は濃くなり、
枝が天に向かってにょきにょきと。

Oh!
なんというしあわせな瞬間。
ときは流れ、季節はまちがいなく巡り、
太陽を浴びた庭が生き生きと輝き出す。

庭いじりが楽しい季節になりました。

Img_4444

庭いじりが大好きな店主だけに、
ぶびんがには、
毎日のお手入れが楽しくなる、
こだわりの道具がそろっています。

お気に入りの道具を見つけてくださいね。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

枯れ葉が掃きやすい中国のほうき
古木の箱には鉢を入れて。
Img_4397

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

収穫したての野菜を入れて、
そのままキッチンへ持っていきたいワイヤーのかご
場所を取らない底が深いタイプです。
鉢のほかに、スコップなどの道具を入れても便利な古木の箱
Img_4398

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

鏡と黒板があしらってある壁掛けタイプの収納入れ
黒板の扉を開けると、鍵をしまうフックがたくさん!
玄関にかけて家族の連絡板に。
Img_4401

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

鉢カバー
お部屋の中にすてきなグリーンを。
Img_4403
くわんのひなたぼっこ(おまけ)
Img_4405

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

いろいろ。
音が聴きたいから、風が吹くのが楽しみ。
Img_4408

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ワイヤーのかご
道具入れにいかが?
Img_4412

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

サボじょうろ
涼しいインド綿のワンピースはらくちん!
さんざん着たあとは、真夏用のパジャマに。
Img_4415_5

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ひさしの広いラフィアの帽子と
白いブラウスで日焼け対策。
Img_4424

ラフィアの帽子のNEWバージョン。
ひらひらが上品でかわいいでしょう?
Img_4431

☆幅広い年齢の方に愛されているラフィアの帽子は、
丈夫でおしゃれ。
くるくるっとまるめて、バッグにぽん。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

庭のお手入れ、一緒に楽しみましょう!

Middle_1303623875_2

※ぶびんが便り

春のぶびんが

※クリックで画像が拡大します。

ぶびんがの庭……。
昨年よりも見事な花を咲かせた
モッコウバラやカクテル。

Img_4442

ぶびんがの前を車が通るとき、
「わああ!きれいっ!」って、
窓から見てくださる方もいらっしゃいます。

生き生きと育つ花や緑たちを見て、
一瞬でも気分がよくなってもらえたら、
「そんな場所があの辺りにあるんだ」と
記憶に残していただけたら、うれしいです。

Img_4443

〈ここに緑があるといいな〉

〈あそこには色を変えて、
シルバーに輝く緑が欲しいかも〉

〈ここに ツタがあると涼しく見えそう〉

〈ここは 通路だから花が欲しい〉

毎年、わき上がる自然な気持ちで庭を作っています。

Middle_1303623591

Middle_1303623868

Middle_1303623586

「長い年月をかけて出来上がった庭って感じがする」
って、お客様がおっしゃってくれました。

私は朝、庭を眺め、一日が始まります。

晴れの日、雨の日……
いろんな表情があって毎日が楽しい。

バラが終わったら、
バラの園からハニーサックルになります。

店主

Img_4445

« 2011年1月 | トップページ | 2011年6月 »