« 陶器に魅せられて・佐藤和次編 | トップページ | ドイツの陶器 その1 »

2011年1月14日 (金)

陶器に魅せられて・三尾忍・石川雅・スタジオM編

「陶器は、神経質にならずに、
割れることを恐れずに、どんどん使えば、
使い方のアイデアやセンスが磨かれる気がします。

器は実用品だもの。
使えば使うほど手になじみ、
気が付いたら家族の一員になっているはず」

ここでご紹介する陶器は、
お店でも取り扱っているもの。

気になる作品があったら、
ぜひ、実物を見に足を運んでくださいね!

∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ 

【三尾忍先/土岐市/美濃焼】

「こちらも佐藤和次先生と同じで、
紹介で窯元まで伺うことが出来ました。

三尾先生はわたしと同じ歳くらいの美しい女性。

『歩く鉢』と呼ばれる通り、
作品には足がついているの。

たまに器があったりしますが、
植木鉢をメインに作る先生でした。

小さい盆栽をする方に大人気。
わたしはハーブを植えています。

現在、先生は、陶芸教室をやっていらっしゃるみたい。
またお会いしたいな…!」

☆歩く鉢
2010123112450000

2010123113420000
「土っぽくて、どこか民族的な感じがいいの」

2011010913220000
「もちろん、ぶびんがの庭にも。ミントが植えてあります」

☆ぶびんがオリジナル・フリーカップ
2011010610250000_2
「ぶびんがのために作ってもらいました」

∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴

【石川雅(はじめ)/栃木県/益子焼】

☆器

2011010610290000

2011010610290001
「お鍋の取り皿や和えもの、
ちょっとした煮ものなどに使えます」

∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴

【作者不明】

☆フリーカップ

2011010610290002

2011010610300000
「どちらも凸凹した型が好き!」

∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ 

【スタジオM】

「人気のメーカーさんです。

デザインがシンプルなので、飽きがこないでしょう?

コンロ(直火)、オーブン、レンジにOKなので、
料理したものをそのままテーブルへ。
テーブルがおしゃれに豪華に変身します」

☆桃・メープル・栗の箸
2011010612090000
「お箸は先が細くて使いやすいのでわたしも愛用中。
スプーンは洗ってもぼそぼそにならないの。
ほかのデザインもあるので見に来てくださいね。
びっくりするくらい様々な型を揃えました!
お客様が座り込んでじっくり選んでくださいます」

☆平皿
2011011217320000

☆急須

P1000462
「優しいグレーっぽい色とデザインが素敵。
日本茶だけでなく色々なお茶を入れたいな」


∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ 

「毎日同じお皿なんてつまらないので、
我が家はその日の気分で取り皿を変えます。

ふんだんにお皿を使うので、
洗いものも多い!

ステキな陶器はお漬物を入れるだけで、
豪華に見えますよね。

テーブルクロスもよく変えます。

大きなテーブルなので、
布1枚変えただけで部屋の雰囲気が変わっちゃう。

布はわたしの生活に欠かせないアイテム。

使われ続け、何度も洗われ、
いい感じに色褪せた布が持つ素材感が好き。

いつかこのブログで布もご紹介しますね!」

わたしは、
気に入った器を毎日使っちゃうタイプ。

それだけに、クロスを変えたりして、
変化を楽しみたいと思いました!

店主のアイデアをぜひ活用してくださいね。
暮らしを豊かに、
気持ちに余裕を持って、
寒い冬を乗り切りましょう。

※お店の新情報はこちら!
ぶびんが便り

« 陶器に魅せられて・佐藤和次編 | トップページ | ドイツの陶器 その1 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559104/50566062

この記事へのトラックバック一覧です: 陶器に魅せられて・三尾忍・石川雅・スタジオM編:

« 陶器に魅せられて・佐藤和次編 | トップページ | ドイツの陶器 その1 »