« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月28日 (火)

白い光

森の中にぽっかりと浮かんだ小さな窓。
この窓を覗くと、未来の自分が見えるという噂が広がり、
人々が長い列を作って、自分の番を待っている。

覗いておおよろこびする人、
頭を抱えて落胆する人、
奇声を上げる人、
無表情になる人……
人の数だけリアクションがちがう。

「わたしにはどんな未来が見えるんだろう」

ピコは自分の番が来ると、
背伸びをして小さな窓を覗き込んだ。
じーっと、じーっと覗く。
目を凝らして一生懸命覗く。

じーっと、じーっと。
じーっと、じーっと。

Tobira

「早くしてくれよ」
後ろの男がせかすので、
仕方がなくピコはその場を離れた。

「で、なにが見えたんだい」
家に帰る途中、
フクロウが話しかけてきた。

「う、うん」
浮かない表情のピコ。

「もしかして、なにも見えなかったとか」
と、フクロウ。

「白かった。白い光しか見えなかった。
どんなに目を凝らしても、
わたしには光しか見えなかったの」

「へぇ、良かったじゃん」

「え!? なんで。
わたしだけ神様に見放されたのよ」

「そうじゃない。
きみの心は期待も不安もなくてまっさらなんだ。

期待や不安って現実的じゃないよね。
頭の中の世界だよね」

「どういう意味?」

「未来が見えた人は、
自分に期待して都合のいい世界を見ただけだよ。
落胆した人たちは不安だらけで、
そもそも自分を信じていない」

「言ってる意味がわからないわ」

「未来って、
わからないから一瞬一瞬がこんなにもいとおしい。

出会いを楽しみ、
別れに胸が詰まり、
うまくいかないことがあると、
そのままごろんと横になって眠り続ける日もあるかもしれない。

それでもいつかは立ち上って、
現実と向き合って壁を乗り越えるしかないけど、
そのあと、
やけにすっきりした新しい自分と出会える」

「新しい自分……」

「そして、気付いたらとんでもない未来を手にしてる。
笑っちゃうくらいお気に入りの未来を」

ピコは黙って考える。

「見放すも見放さないも、神様は自分の中にいるんだよ。
白い光がその証拠さ。

なにも考えなくていい。
恐れなんて幻想だ。
自分を信じて、感じるままに生きるんだ。

もやっとしたとき、
妙にひっかかったことがあったら、
重要なサインだから必ず立ち止まって。

気のせいにしたり、
感覚を麻痺させちゃだめだよ。

未来に期待せず、不安を持たず、
揺るぎない心で自分を信じる。

それが真の強さ。
その強さが白い光なんだ」

そう言うと、
フクロウは大きな羽根を広げて森の奥へと飛んでいった。

「来年の今ごろ、きみはどんな顔をしているのかな」

遠くから聞こえた気がした。

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

☆画像説明

「この覗き穴はわたしの家の玄関に付いているの!
ガラスが入ってないから、扉を開けると風がはいるのよ。
うふふ。
」(店主)

☆おまけ
2010122717330000

※店主がイメージしたピコ。
ステキなイラスト、ありがとう!!!!!

2010年12月24日 (金)

冬のあたたかアイテム/帽子編

帽子&そのほかの小物、アイテム
1224008

わたし(はむちゃん)はニットの帽子が苦手。
どうしてもうまくかぶれないのです。

でも、暖かいし、
髪の毛を整えるのが面倒なとき、
帽子で誤魔化せるから(!)ぜひともトライしたい。

帽子のコーディネイトも得意な店主に、
アドバイスをお願いしました。

「顔の形や髪型などで
似合うものが人それぞれなのが帽子。

いろいろ試してバランスを見てみると、
きっと似合うものが見つかるはず!

髪の色や瞳の色、
持っている服の色で合わせるのもおすすめ。

わたしは帽子が大好きなので、
冬はベレーやハンチングなど、
いろいろ持っていますよ。

とくにキャスケットは、
ベージュ、黒、薄いグレーの3色を使い分けています。

パリジェンヌみたいに品良く合わせるのが好きです」

かぶり方のアドバイスは、このページの後半で!

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

★ヘンプコットンとウールで編まれた、
少しごわっとした感触が新鮮!
1224009
「ボリュームが出るので小顔に見えますよ。
自然体で着こなせるネイティブ柄のケープは、
いい感じに自己主張。
ストールとしても楽しめます。
モコモコしたニットのセーターやワンピースを着たときって、
かさばって上着を羽織ることが出来ませんよね。
そんなときに1枚あると便利なアイテムです」

★ノルディック柄の手袋と
チマヨラグのウールのベストに、ぴったりな帽子。
山へ行きたくなっちゃう!
1224010
「この帽子はきっと誰でも似合うと思うの。
ひさしが自由に動くので、
自分の顔とにらめっこして、しっくりくる形を作ってみて。
チマヨラグのベストは、インディアンのチマヨ族の織り生地の柄。
ウール混ジャガードです」

★今年流行のキルティング素材のベストと、
中がぼわぼわで暖かい帽子。
1224011
「こちらの帽子もひさしが自由に動きます。
元気になれるチェックでしょう?
ベストはコーディネイトに欠かせないけど、この時期、腕が寒い……。
そんなときはアームウォーマー!
柄ものと合わせてポイントにしてみました」

★ぼんぼんがかわいいアームウォーマー。
1224004
「今年のニットや洋服は袖が短めなので、
手首のおしゃれが楽しめちゃう!」

★ニットで編みあげたバッグ
1224012

1224013
「中は布地が張ってあります。
エスニックなスタイルや、カジュアルなスタイルに……。
チャームがかわいいですね!」

★ソフトなブラウンのやさしい色合い
ラビットのほわほわがかわいい☆
1224015
「くたっとする形もかわいいです。
カジュアルスタイル用に持っていると便利かも」

★ケープのようなカーディガンに手袋。
今日は手袋が主役なの。
1224014
「ちなみにわたしは、
ストールでもなんでも巻きものは、
ふんわり空気を入れ込むように無造作に巻くだけ。
巻き方次第で柄やドレープの出方が変わるから面白い。
巻きもの、大好きです!」

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

■帽子のかぶり方・初心者編

〈ベレー帽〉
帽子をかぶりなれない方は、ベレー帽がおすすめ。
これ一つでどんなスタイルにも合わせることが出来て、
とても便利です。

額を剥き出しにかぶると、
戦場カメラマンになってしまうので、
前髪やサイドの髪を見せるのがポイント。
小顔に見えますよ。
しわを作って少しルーズにアレンジするのもいいですね。

〈ニット帽〉
前髪を帽子に入れて、
サイドの髪を耳にかけると、顔がまるく見えるので、
サイドの髪は耳にかけないで頬に持ってきます。
ニットもくしゅくしゅアレンジして、
少しルーズな感じに。

ロングヘアの方は下のほうでひとつに束ねて、
パーマのくしゃくしゃ感を出すと大人かわいい雰囲気に。

「わたしは、洋服を決めてから、
ベレー帽、ニット帽、キャッスケットを合わせて、
どれがいちばんバランスがいいか試します。

逆に、今日はこれをかぶる!と決めて、
服を選ぶこともありますよ。

センスの磨きかたは、
日々の探求心のたまもの。

楽しんでコーディネイトするうちに、
小物使いが上手になると思います!」

冬のあたたかアイテム/レッグウォーマー編

メリークリスマス!

しかし、う〜、さむっ。

朝、起きるのがつらくなる季節がやってきました。
通勤通学、お出掛けのとき、
寒くて身をちぢめたり、
意味もなくイライラしちゃうのって、いやですよね。

ぶびんがには、
寒い冬だからこそ楽しめちゃうアイテムが
たくさん揃っています。

今回は、
アレンジが楽しめる冬のあたたかアイテムをご紹介。

寒さに負けずに、
わくわくアイテムを身に着けて、
姿勢良く颯爽と歩きましょう!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

レッグウォーマー&くつ下
1224005jpg

「初めて来ていただくお客様が、よく、

『レッグウォーマーがたくさんあるって聞いて来ました』

って、おっしゃってくださいます。

そうなんです。
ぶびんがにはレッグウォーマーがたくさん揃っているのです。

足もとにボリュームがほしいとき、
色を変えたいとき、色をプラスしたいとき、
レギンスだけでは寒いとき、
色や柄を加えて足もとを元気にしたいとき……

レッグウォーマーは新鮮な雰囲気にしてくれる、
冬の大切なアイテム。

何といっても小面積だから、
思いきって派手な柄にトライしやすいのも魅力。
カラフルなソックスやレッグウォーマーで、
コーディネイトにひと味ピリリと効かせてみて!

また、ナチュラルな色目で合わせたいときは、
同色かグラデーションで統一すると、
上品に見えますよ。

靴の色に合わせることもポイントです。

さらに、ショートパンツを履きたいとき、
タイツやレギンスに、
ざっくり編まれたレッグウォーマーや、
ゆったりソックスを合わせてみてくださいね。
ショートパンツでも暖かく過ごせます。

そのとき、レッグウォーマーやソックスを、
よくたるませてバランスを取るのがコツですよ!」(店主)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

★いつも履いているショート丈のブーツに、
レッグウォーマーをすっぽりかぶせて、
ブーツカバーみたいにしてみました。
1224001

★足もとを暖かく出来るのは、ブーツだけじゃありません〜。
ジャガード柄でちょっと上品に……。
タイツだけじゃ寒いもんね。
1224006

★お気に入りのサボも、ブーツみたいに見えるでしょう?
これがレッグウォーマー・マジック。
色のトーンを統一すると上品な印象に。
1224007

★イランの手編みのルームソックス。
柄が楽しいでしょう!
毛100%でとてもあたたかです。
1224002jpg

1224003jpg
「わたしはくつ下の上にこれを履いて、部屋を行ったり来たりしています。
分厚いので靴は履けないけど、
(アウトドア用のサンダルなら大丈夫かも)
ルームソックスとして大活躍!
かわいくて暖かくて動きやすいの」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

ぶびんがの特徴は、
流行にとらわれない品揃え。

例えば、
今年よく見かけるノルディック柄のアイテムは、
ずいぶん前から取り入れていました。

「レッグウォーマーやレギンスも流行ではなく、
わたしが健康好きな理由から、
春夏ものもたくさん揃えています。

今持っているアイテムに、
ノルディック柄や民族柄のレッグウォーマーをチョイスして、
流行を意識するのも楽しい着こなし方。

小物だと、
気負わずに取り入れやすいのが魅力!」

今ある服にプラスして、
冬のおしゃれを楽しんでみて!

※帽子編へと続きます。

2010年12月10日 (金)

冬のお庭の楽しみ方 その2

草木が枯れ枯れで元気のない冬の庭だけど、
ひと工夫でお気に入りの場所にしてしまおう!と、
アイデアいっぱいの店主がたくさん提案してくれました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■オールドフィル・ゲージ・バスケットラウンド
「鉢がすっぽり入る作りになっています。
ドライフラワーなどでアレンジしてもいいですね」

Img_3655
右のオールドフィル・ゲージ・バスケットドームは、
鳥カゴみたいに上に引き上げることで扉が開きます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■オールドフィル・ハンキングポットバル
「愛らしい置きものを入れて、
色のない冬の庭を彩ってみて!」

Img_3645
もちろん、小さな鉢を入れて
本来のハンキングとして使っても。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■オールドフィル・ハンキングバスケット
「吊るして飾るハンキングバスケット。
室内で小物入れとしても使えそう」

Img_3650
土を直接入れて緑や花を育てたり、
ポットやドライフラワーを入れてもOK。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■ガルバナイズ・ポッティングジョーロ
「アンティーク風のジョーロを、
こんなふうに小径を作って並べると楽しい。
毎日使うものだから、お気に入りを見つけて」

Img_3657
奥に立てかけてあるのは、
ガルバナイズ・ガーデンプランター。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■インドの素焼きの鳥
Img_3649
「鳥の素焼きを高い場所に置いたり、
犬やうさぎ、
カメなどの小さめのオーナメントを植物の根もとに置いて、
自分だけのストーリーを作ってみて!
ぶびんがならではの庭の楽しみ方です」

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■オールドフィル・バードゲージスウィング
「庭に花以外のポイントを作りたいと思い、
アイアン製のグッズを飾りました。
庭にとけこんでいますよね。
自然に錆びていくのも楽しみのひとつ」

Img_3641
春夏には、木漏れ日の中に、
こんな感じのものがあるとステキですよね。
もちろん、室内でも使えます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■オールドフィル・クラシックキャンドルホルダー
「ランプやキャンドルを置くと、
植物のグリーンが引き立ちます」

Img_3644
夜に明りを灯すと、
冬のさみしい庭が新鮮に感じられそう。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■店主の私物
「この型と錆びた感じがいいでしょう。
ずっとここにあったみたい!」

Img_3662
日陰でなにも植えられない場所には、
鉢やワイヤーバスケットを置いて、
華やかな空間を作ってみて。
中に入っているのはローズマリーです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ちょっとした工夫で、
冬の庭が大好きになっちゃいそうですよね。

動物を棲息させるかわいらしい技、
わたしもさっそくやってみようと思います。

「それぞれの植物は、
年を経ていくごとに、
味わいを増しながら、庭になじんでいきます。

ぶびんがでは、
外壁を華やかにしたいのと、
直射日光を防ぎたい気持ちから、
ハニーサックルとモッコウバラなど季節の植物を絡ませ、
さらに、オリーブを置いて木陰を作り、
日除けの役割を果たしてもらいながら、
移りゆく季節の表情を楽しんでいます。

コンクリートの駐車場は、
コンテナガーデンでにぎやかに。

きれいに並べて置くのは好みではないので、
デコボコさせながらもバランスを考えて置いています。

昔ほど庭いじりをしなくなり、
秋・冬の準備もできなかったけれど、大丈夫。
ハーブだもの。
来年もわんさと咲いてくれるはず。
そんな中、モッコウバラがちょっと心配……。

植物とガーデングッズが庭に自然にとけ込んだとき、
またひとつ、お気に入りの場所が増えますよね。

季節ごとに表情が違うから、面白い。
庭いじりはやめられません」(店主)

ぶびんが便り

冬のお庭の楽しみ方 その1

ぶびんがのお客様には、
庭いじりが大好きな方が多いそうです。

そして、ぶびんがの庭に魅せられて、
ハーブに興味を持ち、
店主からアドバイスを受けながら
(えへへ、照れます!by店主)
庭いじりをはじめられた方も多いんだそう。
(わたし、はむちゃんもそのひとりです!)

……って、ここまで書いて思ったのだけど、
「庭いじり」よりも
「ガーデニング」って表記したほうがおしゃれかしら。

でも、なんとなく、
毎日こつこつと手入れをしていく中で、
挿し木がうまくいったり、花が咲いたときに、
ひとりでニヤニヤしちゃう感じから、
「庭いじり」のほうが親しみが持てます。

地道な手入れが実を結ぶ孤独な作業であり、
ひとりになれる大切な時間。

春から秋にかけて、
あんなに華やかだった庭も、
この時期、どうしてもしょんぼりしがち。

最近のぶびんがの庭はこんな感じです。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
∞∞∞∞∞∞∞
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Middle_1290575264
「ハニーサックルとモッコウバラのツタは、
きれいな緑から黄色、そして赤に変わりました。
ハニーサックルは葉が落ちず、
春になると綺麗な新芽がたくさん出てきます。

画像の左側に見える店の大きなガラス。
ここから差し込む陽射しに
肌が荒れてしまうのが悩みなため、
ガラスの前にオリーブの鉢植えを置きました。
上に伸びるたびに切って、
横にボリュームを持たせるようにする予定です」(店主)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Middle_1290575254
「ツタ類が好きなので、
10年目にしてオカメツタが
ようやく塀にはってくれて満足。
塀についたコケも味がでてきました」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Middle_1290575259
「秋から今ごろまで咲くアメジストセージのおかげで
花壇が華やかに見えるから助かります。

ハーブは冬の強い陽射しにも負けず、
手入れもいらないから、
苗を買ってきて 種類を増やしたの。
パイナップルセージ、ウッドセージ、ロシアンセージ。

軒下はローズマリーだらけにしたくなって、
オリーブの植木鉢に挿し木をたくさんして、
寄せ植えにしました。
成功するといいな。
挿し木したローズマリーは、
ポプリなどに使うグネグネ伸びるタイプです」

冬の庭の工夫と、
店主が頭の中でデザインしながら、
季節を追うごとに変化していくぶびんがの庭。
こうして画像で見ていても飽きませんよね。

「たくさんのお客様が、
ぶびんがのセージやローズマリーを挿し木して、
大切に育ててくださっていてとてもうれしいです。

冬の間はさみしいけど、
今は春の訪れを楽しむ準備期間だと思っています」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

ところで、先日、画像を整理していたら、
雪まみれのぶびんがを発見しました。
Img_2928_2
この日、店主が朝6時ごろに家を出て、
撮影しに行ったんですって!
積もりたてのほやほや感がありますよね!
店主は、今夏のカメムシ大発生からみて、
今冬は雪がたくさん降ると予想しているそうです。

※その2に続きます。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »