« 金曜日更新に変更しました | トップページ | chou chou de maman ケーブルニットの魅力 »

2010年10月22日 (金)

中高年男性のためのヨガ教室

「うちの夫もヨガをやりたいけど、
男が女性の中に参加するのは恥ずかしいって」

という声を、
平日昼間のレッスンに来てくださるマダムから
ちょこちょこ聞くようになったので、
毎週土曜の午後4時から『中高年男性のためのヨガ教室』を開講した。

2時間のレッスンで1500円、缶ビール1本付き。

実際のところはレッスン1時間15分で、
あとはラジャ・ヨガと語らいの時間。
男性はなかなか自分の本音を話したがらないので、
缶ビールを付けてみた。

最初は1、2名の参加者だったけど、

「ランプに火を灯しただけの空間で、
美人先生(わたしのこと。ぷっ)を囲んで缶ビールを飲みながら
リラックスできる時間は最高」

と、近所のサラリーマンたちに口コミで広がり、
日曜の午後4時からのレッスンも増設。
毎週それぞれ定員6名が集まってくださるようになった。

Img_2629

レッスンは、三角形、コブラなどの初心者向けのポーズを中心にハタ・ヨガを。
その後、45分間は缶ビール片手に
心のヨガ、ラジャ・ヨガを語り合うタイムスケジュールになっている。
本当は缶ビール片手にラジャ・ヨガなんてご法度なのかもしれないけど、
ヨガを広めるために、わたしの中でよしとした。

ラジャ・ヨガでは、
わたしの師匠から教わった言葉をまずはわたしが言い、
全員が復唱していく。

「『楽しませたい』と、
『楽しんで欲しい』『楽しんでもらいたい』は、
まったく異なる心である」

「『楽しませたい』と、
『楽しんで欲しい』『楽しんでもらいたい』は、
まったく異なる心である」

「この3つの言葉の違い、わかりますか?」

……シーン。

「山崎さん、いかがですか?」

「……ぜんぶ同じに聞こえるのですが」

「田之上さんは?」

「わたしもぜんぶ同じ意味に聞こえます」

「じゃあ、奥様と旅行に行ったとき、
この3つから選ぶとしたら、どの言葉でしょう。水森さん」

「うーん。『楽しんでもらいたい』かな」

「なるほど。『楽しませたい』って聞いて、
槙田さんはどんな気持ちになりますか?」

「楽しませることを楽しんでいるような、
ストレートで純粋な感じがします。
なんだか気持ちがいい」

「最年長の岡山さん、
『楽しんで欲しい』って聞いて、
どんな気持ちになりますか?」

「そうですねぇ、なんていうか、きゅうくつな感じがしますねぇ。
『楽しんで欲しい』も『楽しんでもらいたい』も、
相手の気持ちを無視しているというか……。
楽しいのか楽しくないのかは、相手が感じることですからねぇ。
『楽しませたい』は自分がただそうしたいのであって、
相手の反応は関係ないというか……」

「みなさん、来週1週間はこの言葉を心の片隅に置いてお仕事をされたり、
生活してみてください。
そして、またこの時間に感想をシェアしあいましょう。
今日はありがとうございました」

「ありがとうございました」

このあと、全員が首をひねりながら教室を出ていった。

【画像説明】
「いただいた花をドライフラワーにし、
ランプやハンキングガラスベースをデスプレイしました。

お花が灯りでほのかに、やわらかな灯りになり、
それがガラスに映るあたたかな輝きがきれいでしょ。
ハンキングガラスベースは、
フローティングキャンドルを浮かべても素敵。

この下から 上を見上げるのが好き」(店主)

« 金曜日更新に変更しました | トップページ | chou chou de maman ケーブルニットの魅力 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559104/49806024

この記事へのトラックバック一覧です: 中高年男性のためのヨガ教室:

« 金曜日更新に変更しました | トップページ | chou chou de maman ケーブルニットの魅力 »