« ショップスタッフ、くわん | トップページ | ネックレス!ネックレス!ネックレス! 【その3】 »

2010年9月29日 (水)

「与える」と「聴く」

Img_3482

最近出会ったヒーラーさんが、
こんなことを言っていました。

「『与える』ということについて色々考えたんですが、
女性ってもともと、
既に与えることを自然にしてきていると感じています。

だから、
気を使ってさらに与える必要はないと思うんです」

そうだよね〜って、
妙に納得してしまいました。

子育ても介護も、
正面から向き合っているのは、
ほとんど妻でほとんど女性。

赤ちゃんが泣いているときや、
病気の家族が苦しんでいるとき、

男性はぼーっとしていたり、
おろおろするだけで、
正直、役に立たないと感じたことがあります。

積極的に子育てや介護に参加して、
それを楽しみややりがいに変えて
向き合える男性は少ないですよね。

女性はなぜかそれが出来てしまうし、
どうしても女性のほうが気が付くし、機転が利く。

「女性はただでさえ男性社会に与えてきたんだから、
これからは、男性自らが、
女性や子供に見返り求めず、
尽くす位にしてもらわないと。

それが出来ないなら、
余計な負担になるから要らないかも(笑)」

ふふふ!
爽快なヒーラーさんでしょう。

この話を聞いて、
女性ってもっと堂々としていていいんだよね。
これ以上がんばらなくたっていいんだよね。

わたしなんて何も取り柄がないとか、
足りない部分を責めたりしなくても、
すでにかなり家庭と社会に貢献しているんだよね
って思いました。

あと、もうひとつ、ステキな言葉をくれました。

「『話』す方にエネルギーを使ってしまう人が多いですが、
『聴』に自身のエネルギーを集中すると、
自身が生み出したいものがドンドン出てくる気がします。

話すときも書くときも、
いつも同時に『聴』く状態に在ると、
不思議と、
情報やタイミングがパチンと掴める気がします。

自らエネルギーを放出し続けなくても、
逆にエネルギーが流れ込んでくる感じです」

悩んでいるときや、アイデアがほしいとき。
ただただ耳を澄ませてみると、
どこからか、
思いもよらない答えやアイデアが流れてくる……。

焦らず騒がず、
心をしんとさせて、
なにかが聴こえるまで、じっと待つ。

ぜひ、やってみてくださいね。

はむちゃん

***画像説明***
店主がお誕生日にいただいた花。
ドライフラワーにして、お店に飾ってあります。

« ショップスタッフ、くわん | トップページ | ネックレス!ネックレス!ネックレス! 【その3】 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559104/49594068

この記事へのトラックバック一覧です: 「与える」と「聴く」:

« ショップスタッフ、くわん | トップページ | ネックレス!ネックレス!ネックレス! 【その3】 »