« 足もとをおしゃれに冷え対策 | トップページ | ウニヒピリ »

2010年8月11日 (水)

ぶびんがの手作り店内・その3

まだまだあるの、ぶびんがの店内の秘密。

今回は、あまりお客様が目にふれることのない、
バックステージといいましょうか、
裏ぶびんが的なこだわりの部分を大公開!

表面だけでなく、
裏の裏まで大好きな空間にして、
居心地の良いお店作りをしている店主。

そこに、わたしは、
ぶびんがのすべてが集約されていると思いました。

うまく言えないけれど、
良い商品をお客様に提供するために、
まずは、自分が豊かな気持ちになることが大切だということ。

実をすり減らしてあくせくするのではなく、
自分自身がリラックスできるお気に入りの場所を作ることで、
センスが磨かれ、アイデアが湧き、いつも笑顔でいられる。

店主から直接聞いたわけではないけれど、
わたしはこんなふうに勝手に思ったのです。

流行に左右されず、
おのれの道をずっと歩んできたぶびんが。

この、しっかりと地に足のついた、
揺るぎないセンスを持つお店の秘密はこれだな……って。

はむちゃん

※「 」は店主のコメントです。

★★★ ★★★
★★★ ★★★
★★★ ★★★

トイレの扉
08111
「お気に入りの手作り。
 取っ手はあまったかりんの木で作りました。
 この部屋のポイントになっているんだけど、
 実はトイレなの!」

★★★ ★★★
★★★ ★★★
★★★ ★★★

トイレ
08112
「和式だったトイレを様式に変えました。
 タイルだった壁を外して漆喰にして、
 イギリスのアンティークのステンドグラスをはめこみました。
 トイレットペーパー・ホルダーはあまった木で。
 ちなみにスタッフ専用。
 手洗い場はなく、水も1回しか流れません……」

★★★ ★★★
★★★ ★★★
★★★ ★★★

配線
08113
「電気の配線に使いたくて碍子(がいし)を探していたところ、
 洞戸の友人の家(今は空き家)でいただきました。
 配線用の電線もあまりもの。
 オレンジ色っていうところが面白いでしょう。
 なにからなにまでリサイクルなんです」

★★★ ★★★
★★★ ★★★
★★★ ★★★


08114
「昔の階段がボロボロになってしまってあったので、
 分解して磨き、棚にしました。
 よく見ると、深い溝があるの、わかるかな?」

★★★ ★★★
★★★ ★★★
★★★ ★★★

ぶびんがの裏
08115
「増築した部分のぶびんがの裏。
 屋根は手作り感たっぷりの木の瓦。
 (もちろん、防水シートはしてあります)
 こだわりと愛情がたっぷりで、
 じーっと見ていると感謝の気持ちが湧いてきます。
 窓は、昭和の薫りがする戸棚についていたすりガラスをリサイクル。
 ハイジの窓のように、つっかえ棒を立てて窓を開けるの。
 オープン時はここでパンやケーキを焼いていました。
 今はお茶を沸かす場所と、倉庫になっています」

« 足もとをおしゃれに冷え対策 | トップページ | ウニヒピリ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559104/49112406

この記事へのトラックバック一覧です: ぶびんがの手作り店内・その3:

« 足もとをおしゃれに冷え対策 | トップページ | ウニヒピリ »