« ぶびんがの手作り店内・その1 | トップページ | あいつはだれだ!? »

2010年7月28日 (水)

ぶびんがの手作り店内・その2

「ぶびんがを作ってくださった方は2人います。
 ひとりは雑貨の部屋を作った友だち。
 もうひとりは、衣料の部屋と増築した小屋を作った大工さん。

 とくに、大工さんは、
 わたしの頭の中にある図面やわがままに振り回されながら、
 2回もつきあってくださいました。

 衣料の部屋は、
 お店がわりとひまな時期、2月からはじめました。

 営業中もそのままつなぎを着て作業をしていて、
 お客様が来店されるたびにベンジャミンに教えてもらい、
 つなぎを脱いで、ささっとかわいい服に変身!
 作業中も休まずに営業しました」(店主)

■ ■■■■■

その大切な想い出と思い入れがいっぱい詰まったお店のこだわり、
まだまだありますので、じっくりお楽しみください。

■ ■■■■■
■ ■■■■■
■ ■■■■■

柱と柱のつなぎの部分
Kodawari7
「角材屋の古材や廃材をわけてもらい、洗って使いました。
 作業中に出た廃材を見ているうちに、
 これはなにかに使えそう!って思って、
 服をかけるラックの部分に使いました。
 本当は開いている穴に棒を入れるつもりが、
 きれいな仕上がりを求める大工さんの性格で…ダメに。
 で、新たに穴を開けました」


■ ■■■■■
■ ■■■■■

■ ■■■■■

ぶびんがを建てるときにいただいた木
Kodawari8
「どうしても木が欲しかったので、
 知りあいからいらない木をもらって植えました」

 よく見るとくわんが木に!
 毛の色も濃くて若々しい!

■ ■■■■■
■ ■■■■■
■ ■■■■■

銘木屋の古材料
Kodawari9
「ゆがみや反りがあって使えない木。
 この板は雰囲気を出したくてぼろぼろの部分は切らずに、
 剥き出しにしました。
 そのほかのこういった木はもう少し美しいですよ。
 洗って、ペーパーで磨いて、
 カラダに害のないペンキを塗っています」


■ ■■■■■
■ ■■■■■
■ ■■■■■

スペインの瓦
Kodawari10
「アジアっぽいけど、スペインの瓦なんです。
 スペイン料理屋さんを作っている建物のあまりで、
 屋根の幅を決めました。
 本当はもっと広く、角度もゆるくしたかつたのだけど……」

■ ■■■■■
■ ■■■■■

■ ■■■■■

こだわった丸い窓
Kodawari11
「増築した部屋からこのお気に入りの窓が見えるように
 作ってもらいました」

■ ■■■■■
■ ■■■■■
■ ■■■■■

文房具屋さんで使っていたみたい
Kodawari12
「材木町の古い家を壊すときにもらいました。
 そのころ、解体業をしていた知りあいから、
 古い家を壊して古材や廃材が手に入る情報が入ってきていたの。
 わたしが見せてもらう前にプロの方が根こそぎ持っていくから、
 どうしても、残っている敷居や階段、床の板になっちゃう」

■ ■■■■■
■ ■■■■■
■ ■■■■■

「店をオープンしてやっていく勇気、不安、お金……
 この先、いろんな心配があったので、
 自分の出来る範囲でやろうと思いました。

 建物にとくにお金を使わなくても、
 工夫して、いくらでもステキにできると思ってるの。

 それに、建物がすごすぎて商品が浮いちゃうのもいやだし、
 建物に使うお金があったら、
 そのお金でもっとたくさん商品を仕入れたいと思うんです。

 やれることは自分でする。
 出来ることはする。
 でも無理はしない。

 たぶん、この先もずっとそう。

 でも、ひとりで作ったわけじゃない。
 家族が支えてくれて、協力してくれて、
 友だちや大工さんが力になってくれたおかげで、
 今のわたしがいます。

 なによりも、いちばんはお客様。
 伝えきれないくらい、感謝しています」(店主)

■ ■■■■■

実は、アップしきれなかった画像があるのです!
このシリーズ、続きます、きっと。

ぶびんがに足を運んだ際は、
画像で気になった部分を探してみてくださいね。


ぶびんが便り

« ぶびんがの手作り店内・その1 | トップページ | あいつはだれだ!? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559104/48986829

この記事へのトラックバック一覧です: ぶびんがの手作り店内・その2:

« ぶびんがの手作り店内・その1 | トップページ | あいつはだれだ!? »