« 夏をたのしむ 1 | トップページ | 店主やばいよ急いでほおばれ! »

2010年7月 7日 (水)

夏をたのしむ 2

ぶびんが店主は、とくべつカメラについて学んではおらず、
すべて我流で撮影しています。

わたし、はむちゃんは、
ふだんプロのカメラマンとお仕事をすることが多く、
写真を見る機会もたくさんあるのですが、

ぶびんが店主のさり気ない写真に、
ハッとさせられることがたくさんあります。

こだわって計算して撮影している部分もあると思いますが、
それだけでない、奥に光るセンスと素直さ。
ウソのない世界。

画像をすべてもらって、
その中からチョイスしてこのブログを作っているわけですが、
なんどもなんども撮影して、
そのたびにアングルを変えてあるものもあれば、
一発できめて撮影したものもあって、

まるで店主の心の中をのぞかせてもらっている感じがするのです。
とても、どきどきワクワクするのです。

この、わたしが受け取ったどきどきワクワク感を、
ここでみなさんにお伝えし、
ディープなぶびんがをお届けすることが、
わたしの使命なのだと、感じています。

前置きが長くなりました。
見ているだけで涼しくなる画像の第2弾です。

◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆

チュニジアのかご(左)とインドネシアのかご。
チュニジアのほうは堅い素材でしっかりとしているので、
洗濯かごにいいかも。なかなかないしっかりさ加減です。
竹でできたインドネシアのほうも丈夫。
植木入れやお子さんのおもちゃ入れに購入されるお客様もいます。
Su5
※背景に写っているぶびんがの扉は店主のお友だちの手作り。
大工ではないけれど、店主のイメージ図をもとに、
簡単な設計図を書いて丁寧に作ってくれたそうです。
切れっぱしのかりんの木を丸くなるまでペーパーでみがいて取っ手を作るなど、
店主もいっぱい手伝いました。
使った木はすべて廃材。
まっすぐ平らな木ではないので、扉と柱と枠にぴったり合わせるのに、
何度も何度もカンナで削って調整し、とても苦労したそうです。
ちなみに、まるい飾り釘はインドのもの。お店にあります。
「営業中は扉が開いていて見えないから、
こんな作りになっていることを知らないお客様も多いことでしょう!
扉もとってもステキなんですよ♪」(店主)

◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆

「夏をたのしむ1」の1枚目の画像と同じラフィアの帽子とバッグ。
フィリピンの木の根っこで作った椅子にディスプレイしました。
この椅子、以前、お店の外にありましたよね。
実はこれ、昨年の11月に撮影したもの。
ラフィアシリーズを涼しげに撮る…をテーマに、時間帯を選んで撮影。
この画像は30枚ぐらいありました。
アングルを変えてあったり、光の具合を変えてあったり。
苦戦した様子が伝わってきました。
Su6

◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆

「ぶびんがの雑貨の部屋で、たまにひっくりかえって天井を見るの。
かごが降ってくる感じが、とても楽しい!
お客様も天井を見上げながら、あのかご見せて…って楽しそう!
わたしたちスタッフがアクロバット的な体位で天井からお取りいたしますので、
気になるかごがあったら遠慮なく申し付けてくださいね。
平気平気、大丈夫、バランスOK、おてのものです」(店主)

Su7
※「かごを探すならぶびんが」というのがいつの間にかお客様に浸透していて、
店主もスタッフも、うれしい気持ちでいっぱい。
またまたどっさりと入荷したそうですよ。
整理整頓に役立つかわいいかごは、女性の味方。
見ていると癒されるのも魅力ですよね。

◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆

花のカーテン。
「これを撮影したときはまだドライになっていないけれど、
このあと美しい色のままドライフラワーになりました。
いただいた花で、寒い冬に撮影しました。
とても好きな写真です」(店主)

Su8

ぶびんが便り

« 夏をたのしむ 1 | トップページ | 店主やばいよ急いでほおばれ! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559104/48811168

この記事へのトラックバック一覧です: 夏をたのしむ 2:

« 夏をたのしむ 1 | トップページ | 店主やばいよ急いでほおばれ! »