« ほんとうの愛の見分けかた | トップページ | 夏をたのしむ 1 »

2010年7月 7日 (水)

ブルーソーラーウォーター

先週の「お宅拝見シリーズ/玄関と食事をする部屋」でご紹介した、
ホ・オポノポノのブルーソーラーウォーター。
ちょっひり反響があったそうで、とてもうれしく思っています。

Img_2137
※棚のどこにイランの吹きガラスのブルーボトルがあるか、探してみて!


●●●
  ●

ハワイの秘法、ホ・オポノポノは、
お経の懺悔文に似ているので親しみやすい。

「懺悔文(ざんげもん)」

我昔所造諸悪業
(がしゃくしょぞう しょあくごう)
皆由無始貪瞋痴
(かいゆむし とんじんち)
従身語意之所生
(じゅうしんごい ししょしょう)
一切我今皆懺悔
(いっさいがこん かいさんげ)

【読み下し文】
我れ昔より造るところの諸の悪業は、
皆な無始の貪・瞋・痴に由る。
身・口・意従り生ずる所なり、
一切、我れ今皆な懺悔したてまつる。

【現代語意訳】
私が、過去に行ったあらゆる汚れた行いは、
すべて、はじめもわからない深い貪欲、怒り、愚かさ(の三毒)によります。
それは、体の行い、口の行い、心の行い(の三業)から生起したものです。
すべてを、私は、いま仏に照らされて悔い改めます。

【伊藤比呂美(詩人)訳】
わたしが
これまでに
なしてきた
いろんなあやまちは
はるかむかしから
みゃく
みゃく
とつながる
むさぼる心・いかりの心・おろかな心
をもとにして
からだ・ことば・いしき
をとおして
あらわれて
きたものだ。
わたしはいま
きっぱりとここにちかう。
そのすべてを
ひとつ
ひとつ
心にきのきざむようにして
悔いて
いきます。

※「読み解き 般若心経」伊藤比呂美著(朝日新聞出版)


●●●
  ●

わたしたちがこうして生きている間に起こるいやな出来事は、
わたしたちのうんと過去からのルーツ、
人類が生れたときから脈々と受け継がれている記憶にすぎない……
というのがホ・オポノポノの考えかた。

本もいろいろ出ているので、興味のあるかたは読んでみてください。
イハレアカラ・ヒューレン博士の本は、どれもだいたい同じ内容です。
併せて『ウニヒピリ』(サンマーク出版)も読むと、
より深く理解できると思います。

心をこめて。

はむちゃんでした。

ぶびんが便り

« ほんとうの愛の見分けかた | トップページ | 夏をたのしむ 1 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559104/48811200

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーソーラーウォーター:

« ほんとうの愛の見分けかた | トップページ | 夏をたのしむ 1 »