« お宅拝見シリーズ/玄関と食事をする部屋 | トップページ | ほんとうの愛の見分けかた »

2010年6月30日 (水)

お宅拝見シリーズ/リビング

「自宅にあるものはすべてが宝物……。
 無機質なものより暖かみのある素材が好きなの。
 いつも古道具屋さんで見つけたり、
 アンティークものに出会ったりして、
 新品の家具を買ったことがないかもしれない。
 この気持ちは服も同じで、
 どこかデザインや素材にひねりが欲しいかも」

と店主。

画像のリビングはカタログ撮影用にディスプレイなので、
冬のイメージになっています。
古い家なので、さらに古く、味のあるものでまとめたそうです。

House3

◇奥にある穴ぼこぼこランプは「森のランプ」と店主が命名。

◇右のぽってりとしたワイン色のイランのふきガラスは、
水差しに使ったり、お花を飾ったり、置きものにしたり。
見ているとやさしい気持ちになる…。

◇その左側はイタリアのティーセット

◇いちばん左にいるのはインドのねずみだって!



冬のカタログで
モデルさんがソファーに寝ころんでいる写真(※注)を前撮りしたもの。

House1

◇右奥の壁はぶびんがの木!

◇右奥の棚はインドの壁掛け用棚のアンティーク。

◇右奥の端にちらっと見えるのは、キリムマットをタペストリーにしたもの。

◇ソファーセットはがんばって貯金して買ったイギリスのアンティーク。

◇ソファーの上に乗っているクッションはトルコキリム。

◇テーブルをよーく見てみて!
実はウチ(はむちゃん)の隣りに住むドイツ人のおばさんから譲り受けた大きな大きなトランク。捨てたいとおっしゃっていたのをぶびんが店主に話したら「欲しい!」ということになり、おばさんも店主もおおよろこび!まさかテーブルにするとは思いませんでした!

(※注)
カタログではこんなふうに使われていました。
2010062810420000

ぶびんが便り

« お宅拝見シリーズ/玄関と食事をする部屋 | トップページ | ほんとうの愛の見分けかた »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559104/48755743

この記事へのトラックバック一覧です: お宅拝見シリーズ/リビング:

« お宅拝見シリーズ/玄関と食事をする部屋 | トップページ | ほんとうの愛の見分けかた »